森の中の水族館。スタッフブログ

「森の中の水族館。」は、日本有数の淡水魚専門水族館です。

 大人気開催中の「金魚・きんぎょ・キンギョ」展も展示期間の半分を過ぎてしまいました。
しかしまだまだ「金魚・きんぎょ・キンギョ」展は終わりません。
先日、新たな金魚「穂竜(ほりゅう)」や「日本オランダ」も仲間入りしました。
スライド1スライド2

今後も追加予定ですのでお楽しみに。

飼育スタッフ 加藤

今日、展示中の両生類にエサをあげていたところ、珍しい場面に遭遇しました。


水田を再現した水槽にてですが、

1504423911642


トノサマガエルの上にアカハライモリが乗っかっています。

私はカエルもイモリもかなり好きなので、おもわず眼福にあずかりました。


2種類とも水田などの水場周辺で良く見かける生物ですが、
自然界でこのような場面を見ることは滅多にないかと思います。
水槽の中ならではの出来事ですね。

可愛らしい場面に出会えたことでその後の作業もはかどったので、
生物たちに感謝です。

 

飼育スタッフ 古根川

9月に入り、ここ忍野では真夏の暑さが徐々に薄れてきました。

 

さて、9月のマンスリー水槽は「カジカ」です。
DSCN3682

カジカの仲間は川に生息する種類と海に生息する種類の2つに大きく分かれます。

厳つい外見をしていて、とても気難しそうな魚ですが、実は人に慣れやすい魚なのです。

自然界では石などの下に隠れて生活していますが、人に慣れているカジカ達は人間が水槽を
覗き込むと、餌の時間だと思ってまっすぐ見つめながら近寄ってきます。
DSCN3686

皆さんも1度カジカに見つめられてみませんか
飼育スタッフ 羽生

↑このページのトップヘ