水族館では、平成29年3月1日(水)より「特別展 ヘビ展」を開催中です。
身近なヘビや、木の上や水の中で生活しているヘビ、幻と呼ばれているヘビ、など11種類を展示しています。
P3040178
ヘビというと怖いというイメージがありますが、
実際に間近でみた方が、「よく見ると目がクリクリしていて可愛い」や「色が凄くキレイ」などと言ってくださり、
私の大好きなヘビの魅力が少し伝わったのかなと思うと、とても嬉しかったです。
ヘビ ブログ写真
このヘビ展は平成29年7月3日(月)まで開催しています。もっと沢山の方に魅力が伝わるように頑張ります。

飼育スタッフ 西中

先日、生き物調査の為、山間部の小さな沢に行ってきました。
こんな寒い時期に生き物がいるのか、と思いますが、冬を越す為や卵を産む為に
いろんな生き物が沢に集まってきます。
今回の調査はサンショウウオに的をしぼり、ひたすら沢の石をひっくり返し探していきます。
DSCN3412
約1時間の調査でサンショウウオの卵と成体を数個体、みつけることが出来ました。
IMG_3020
今後も山梨県に生息する生き物の調査を行っていきたいです。

飼育スタッフ 加藤

今年も水族館1階エントランスホールに「クリオネ」がやってきました。

北極海や北大西洋などの寒流域,水深0m〜600mに生息する生き物で、
北海道にも流氷とともに現れます。
透明な体に左右の翼のような足,ちいさな頭部の角,透けて見える
ピンク~橙色の器官が美しいことから「流氷の天使」とも呼ばれていますが、
日本での名前は「ハダカカメガイ」と言い、肉食で獰猛な貝の仲間です。
でもこのふわふわ泳ぐ可愛らしい姿、見ているだけでなんだかとっても心が和みます。
ずっと眺めていられそう。
クリオネ
 期間限定の展示となりますが、皆様も癒されていただけると嬉しいです。

飼育スタッフ 亀井

↑このページのトップヘ