森の中の水族館。スタッフブログ

「森の中の水族館。」は、日本有数の淡水魚専門水族館です。

お盆も終わって、8月も終わりが見えてきました。
ですが
26日(火)には日本三大奇祭といわれる「吉田の火祭り」が、
29日(金)~31日(日)の3日間は山中湖で「SWEET LOVE SHOWER2014」という
ライブイベントがあり、水族館周辺はまだまだにぎやかです。

さて。
毎週日曜日にボランティアで来てくれている帝京科学大学の学生さんたちが、
今年は夏休みを利用してほぼ毎日来てくれています。
いつもは主に貝がら工作体験やえさやり体験などを担当してもらっていますが、
今日は水族館2階デッキにあるカメ池の掃除をしてもらいました。
カメ池清掃カメ池掃除
天気のよい日が多いため、すぐにコケだらけになってしまうカメ池もきれいになり、
カメたちも気持ちよさそうに泳いでいました。
海・川・プール・・・・・私も水の中で涼しくくつろぎたいっ
暑さや冷房に負けず、あと少しの8月も元気いっぱい過ごしていきたいな。

                                                                  飼育スタッフ 亀井

今年のお盆は雨が多いですね。
本日もたくさんのお客様がご来館くださいました。ありがとうございます。
混雑
さて、水族館では、お盆休みに合わせてチョウザメタッチングを行いました。
最初は、みなさん、おっかなびっくりな感じで恐る恐る触っていましたが、
サメでないこと、おとなしいことが分かると楽しそうに触っていました。
タッチ2
次回、10/11,12,13日にも行いますのでお楽しみに。

 飼育スタッフ 加藤

最近の水族館は、お盆が近いせいか多くのお客様がお越しになってます。
忙しくなってきました。

さて、来月の企画展示になりますが「クニマス生態展示」を
平成26年9月3日から開催します。(11月3日まで)。
思い起こせば平成24年7月、山梨県水産技術センターから
クニマス稚魚をお借りし企画展示し始めてから3年が経ちました。
DSC_1522
展示当初は体長約5㎝と小さく、とても気を遣いながら飼育していましたが、
今では体長約25㎝と立派な成魚になり感無量です。
DSC_1413
この姿をまた皆様に見ていただければと思います。

                水族館  伊藤

↑このページのトップヘ