2014年03月

最近の暖かさで雪が解け春を感じる水族館です。
フキノトウ
雪が解けたところではフキノトウが顔を出し始め、
他にもキュウセンやタンポポも見られます。
キュウセン
また水族館には今年、新人が入り懐かしい春を感じます。
初心を忘れず日々を精進していきたいと思います。
 
飼育スタッフ 加藤

各地から桜の開花の知らせも届き、いよいよ春めいてきました。
魚たちも活動を始めました。
春の魚の代名詞の一つと言えば、メダカです。
次回の展示のためにぞくぞくとメダカたちがバックヤードにやってきました。
そんなメダカたちをちょっとだけ紹介しようと思います。

黒メダカ

童謡にもでてくる黒メダカ。

ようきひ

オレンジ色が鮮やかな楊貴妃。

ダルマ

ぷっくりとした体型がかわいいダルマメダカ。

他にもかわいいメダカたちがいますが、楽しみは次回の展示まで待っていてください。
飼育スタッフ 浅利

 先日、水族館2階のシアターホールをリニューアルしました。

映像を大画面に投影しているプロジェクターを新しくしたので、
以前よりも映像がとってもキレイ。
「山梨にすむ魚たち」「アユの冒険」の2本を上映中です。
上映時間は下記の通り。
シアターホール上映時間

キレイになった映像とともに、楽しみながら
魚たちのことを知っていただければ嬉しいです。


                          飼育スタッフ 亀井

最近、忍野村はやっと春らしくなってきました。屋根に積もっていた雪もほとんどなくなってきました。

最近の話題といえば、ここ忍野村の桂川では釣り解禁となりました。今年は雪が多く、まだ川の土手には雪が残っているところありますが、釣り竿を持った方々をよくみかけ、皆様思い思いに釣り竿を振っています。
DSCF5452

ちなみに釣れる魚は「ニジマス」「ブラウントラウト」等々。この魚は水族館でも泳いでいる
のでご覧になってください。
ニジマス
「ニジマス」
ブラウン2
「ブラウントラウト」

また、桂川の遊歩道も着々と出来上がってきているので、暖かくなると散策する方や釣り人も増えるのではないかとおもいます。
DSCF5450
「遊歩道」

長い冬が終わりそうです。

                   水族館   伊藤

本日、水族館ではオリジナルストラップ作りのイベントを開催しました。
ストラップ

やり方は、好きな魚や生き物などの絵を透明なアクリル板に描いて、
オーブンで焼き固めたら世界で1つだけのストラップの出来上がりです。
それぞれ思い思いの絵を描いたり色を塗ったりと、楽しそうでした。
ストラップ2

大切に使ってもらえたらと思います。

飼育スタッフ 加藤

↑このページのトップヘ