2014年06月

今日の忍野村は快晴で、とても爽やかな朝です。

さて、今日の水族館スタッフは7月2日から始まる「古代生物展」
準備で大忙しです。狭い中に入っての展示替えは、なかなか大変です。
それでも珍しい生き物を展示できるとあってスタッフ一同気合を入れて
頑張っています。
レイアウト②
そんな展示生物の一部を紹介します。

まずは2億年以上前から地球にいる「カブトガニ」
DSCF5883

そして変装の名人「カメレオン」です。
DSCF5887
まだまだ、珍しい生き物を展示しますので、どうぞお楽しみに。

                  水族館  伊藤


最近、雨が降ったり止んだり、天気の忙しい忍野村です。
DSCF5871
さて、つい先月紹介した新装置、霧発生装置ミスト・メーカを入れたアカハライモリの水槽ですが、実は装置を設置した後すぐにアカハライモリが卵を産みました。DSCF5878
卵は約30個ほど、ふ化してから約一か月が経ち、やっと5㎝ほどになりました。早く大きくなってくれるよう祈り、育てて行きたいです。またイモリの成長を今後もアップしていきたいと思います。
飼育スッタフ 七井

梅雨はじめじめしていやになりますが、この時期の風物詩と言えばホタルですね。
実は、水族館においてもホタルの展示を始めました。
ホタル
(箱の中をのぞいてみると・・・)

ホタル
(きれいな淡いホタルの光が見えます)

ホタルについてちょっと紹介しますと、日本には約45種類のホタルが生息していて、
代表的なゲンジボタル、ヘイケボタルといったものがいます。
今回、展示してるものはゲンジボタルです。

ホタルはとても寿命の短い生き物です。
ホタルの体調によっては展示が終わってしまうので、お早めにお越しください。

飼育スタッフ 浅利

今日はイベントのお知らせです。
今週、 6/21(土)と22(日)の2日間、
水族館ではイベント「ザリガニ釣り体験」を開催します。
ざりがに釣り体験1ざりがに釣り体験2
私も小さい頃は、よく獲ったり釣ったりして遊んでいたのですが
ほとんど見ることがなくなってしまいました。。。
近年では河川整備が進み、水辺へのアクセスがしづらくなったこともあって、
子供たちがザリガニ釣りをする機会も減りました。

水族館のザリガニ釣りで面白さを体験して、楽しみましょう。
釣り上げたザリガニたちを持って帰ることはできませんが、
記念品がもらえますよ。

詳細は・・・以下です。

時間   10:00~12:00、13:30~15:30
場所   水族館1階 エレベーター横
体験料  入館料+参加費100円
対象   小学生以上(小学生未満要相談)


                                     飼育スタッフ 亀井


先日、水族館で「坪井潤一」先生による「釣りの科学」の講演をおこなっていただきました。
DSCF5796

この講演は、坪井先生が以前から行っているクニマスの生態のことやヤマトイワナの保全のことなどを
交えながら、わかりやすく、魚との共存や魚釣りのあり方などを考えさせられる講演でした。
また、現在行っている福島のアユの調査の話など、現場の話をしていただき、変わらぬ現状に
衝撃を受けました。
DSCF5795


来年も講演をしていただければと思います。

飼育スタッフ 加藤

↑このページのトップヘ