森の中の水族館。スタッフブログ

「森の中の水族館。」は、日本有数の淡水魚専門水族館です。

2015年10月

イベント開催のお知らせです。

今週末、10月31日(土)と11月1日(日)に
動物ふれあい体験」を開催します。

去年も大好評だったこのイベント、今年も
帝京科学大学AAE(動物介在教育研究部)の
学生さんたちが、動物たちと一緒に水族館へ来てくれます。
モルモットやハムスターなど普段水族館にはいない動物たちと
触れ合えるだけでなく、楽しい工作体験コーナーも予定しています。
BlogPaintBlogPaint

時間 10:00~12:00、13:30~15:30
場所 水族館1階エレベーター横

動物たちの体調などによって、触れ合える動物が変わったり
少なくなったりすることがありますが、ご了承お願いします。
ぜひ、お楽しみに。

飼育スタッフ 亀井

今日は、いつも以上に大忙しの休館日です。
と言うのも、展示替えの日なのです。
PA260782

今回の展示替えは、なんと「コリドラス展」と「宝石魚展」の2タイトル。
なのでいつも以上に大変です。
PA270796

いろんな魚が展示されるのでお楽しみに。

飼育スタッフ 加藤

今年もすでに10月下旬。忍野村は段々寒くなってきました。
木々もすっかり色付き「さかな公園」の紅葉は今が見ごろです。
2階テラスから
※ 2階テラスから

昨日、水族館スタッフとボランティアスッタフで魚の選別、搬入を行いました。
実は水族館の後ろには2トン水槽があり、
2トン水槽
育成魚種は、約3年かけて育てた「ニジマス」、「ブラウントラウト」等。
大きさは約40~50cm。立派な成魚となりました。
PA180729
※ 魚は麻酔で寝ています。

その中の約20匹を選抜し外池へ放流。
さらに大きい広い環境で元気よく育っていけばと思います。
PA180734


                      水族館  伊藤

本日、今年最後の釣り体験を行いました。PA180718

今回は天気も良く絶好の釣り日和。
そのおかげで、この時期では珍しくオイカワ、アブラハヤ、ヌマチチブなど合計10匹以上と大量に釣ることが出来ました。PA180724
PA180723

参加されたお客様にも「なかなか大きい魚が釣れた」と楽しんで頂けました。また来年の夏にも開催を予定していますので、ぜひご参加ください。
飼育スタッフ 七井

木々が色づいてきたり富士山初冠雪の便りが届いたり、
水族館周辺も日々秋の深まりを感じます。
PA140746
また水族館内の一部の展示水槽でも紅葉を飾り、
季節を感じられるようにしました。
PA140748

太陽の出ている日中はとても暖かく心地良いですが、
朝晩はとても冷えます。
水族館へ来られる際は、暖かい格好をオススメします。

飼育スタッフ 亀井

↑このページのトップヘ