現在、水族館のバックヤードではマミズクラゲの赤ちゃんが続々と誕生しています。
ちょっと前のブログでもご紹介しましたが、マミズクラゲの赤ちゃんは、イソギンチャクのような形をしている「ポリプ」から産まれてきます。(7月23日のブログ参照)


 今日の朝、ポリプを飼育しているシャーレを顕微鏡で覗くと、もうすぐ産まれてきそうなクラゲの赤ちゃんを発見しました。

クラゲの誕生はなかなか見る事ができないので、夢中になって顕微鏡を覗いていたら、約10分後に、無事に大きさ約1mmの元気な赤ちゃんが誕生しました。

ブログ用 マミズクラゲ


産まれたてマミズクラゲ
 新しい命の誕生は何回見ても感慨深いものがあります。


 飼育スタッフ 西中